小規模な個人向けサイト ~ 大規模な企業向けサイトまで - Web サイト用テンプレートの激安販売 : メンテナンス : SEO対策

home > マニュアル > Google Sitemaps を利用しよう
Google Sitemaps を利用しよう

Web サーバーにアップロードしたホームページを、少しでも多くの人に見てもらうために、検索エンジンなどに登録しましょう。
最近では Google 以外の多くの検索サイトでも、Google の検索結果を使ってサービスを提供しているため、 ホームページのアクセスアップを目指すなら Google への登録は欠かせません。

Google では Googlebot というクローラーを使用して定期的に Web をクロールし、見つかったサイトをインデックスに自動的に登録していますが、 サイトによっては、なかなか登録されなかったり、トップページだけしか登録されない場合などがあるため、 Google Sitemaps というツールを使って インデックスへの登録を促進します。


Google Sitemaps とは?

Google のクローラーに指定されたフォーマット(xml や URL を入力したテキストファイルなど)で作成したサイトマップの情報を送信する事により、 サイト内のすべてのページを Google のクローラーに知らせる事ができ、Google のインデックスに登録されやすくなります。
また、このツールを使う事により、サイトへアクセスするために使用されたキーワード、掲載順位などの確認や、クローラーがどのようにサイトをクロールしているかなどの統計情報などの機能も利用できるようになります。

クロール
リンクを辿りながら、各ドキュメントのインデックスを作成する処理のことを指します。

インデックス
データの検索速度を向上させるための索引のことです。インデックスには、URL情報 とキャッシュ情報を含みます。



サイトマップファイルの作成

サイトマップファイルは一般的に下記のようなものが利用できます。
全て文字コードは UTF-8 形式で保存する。

  • テキストファイルに登録したい URL を 1行に 1つづつ記入し、sitemap.txt などのファイル名で保存する
  • http://wevnuts.com/index.html
    http://wevnuts.com/domain/index.html
    http://wevnuts.com/server/index.html
    http://wevnuts.com/inquiry/index.html
    http://wevnuts.com/manual/index.html
    http://wevnuts.com/aboutus/index.html
    ...

  • XML形式で作成し、sitemap.xml などのファイル名で保存する
  • <?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
    <urlset xmlns="http://www.google.com/schemas/sitemap/0.84">
       <url>
          <loc>http://www.example.com/</loc>
          <lastmod>2005-01-01</lastmod>
          <changefreq>monthly</changefreq>
          <priority>0.8</priority>
       </url>
       <url>
          <loc>http://www.example.com/catalog?item=12&desc=vacation_hawaii</loc>
          <changefreq>weekly</changefreq>
       </url>
       <url>
          <loc>http://www.example.com/catalog?item=73&desc=vacation_new_zealand</loc>
          <lastmod>2004-12-23</lastmod>
          <changefreq>weekly</changefreq>
       </url>
    </urlset>


これらのファイルを手作業で作る事も可能ですが、最近では便利なツールが多数ありますのでいくつか紹介します。

  • XML-Sitemaps (web - 英語)

  • URL 入力欄に サイトの URL を入力し、その他の設定は必要に応じて(そのままでも良い)変更し"Start" で実行。
    完了すると xml ファイルのダウンロード URL が表示されるのでクリックしてダウンロード。

  • SitemapDoc (web - 英語)

  • URL 入力欄にサイトの URL を入力し、"New Map" を押して実行。
    同じ画面の下に全ての URL 一覧が表示されたら、緑のボタン "Google SiteMap" をクリックすると、xml の形式で表示されるので、コピーしてテキストファイルに貼り付けて保存する。

  • SiteMapper (ソフトウェア - 日本語)

  • 利用しているブラウザに合ったファイルをダウンロードし、解凍、インストールしてからご利用ください。



サイトマップの登録
  1. Google Sitemaps にログインします。
    アカウントを持っていない人は新規登録します。


  2. 初めて利用する場合や、URL を登録していない場合は、まず管理したいサイトの URL をページ上の入力フォームに入力し、サイトを追加します。 URL は複数登録可能で、登録された URL をクリックすると各サイトの管理画面に移動します。
    サイトマップの登録1


  3. 初めて登録した URL を管理する場合、サイトの所有者本人であることを証明する必要があります。
    証明方法は、指定された名前の HTML ファイルをアップロードするか、サイトの index ファイルに METAタグを追加する方法の 2通りです。
    サイトを確認」をクリックし、証明方法を選択後、どちらかの方法でサイトの確認を行います。
    サイトマップの登録2


  4. サイトの確認が完了したら、左のメニューの「サイトマップ」をクリックし、「サイトマップの追加」をクリックします。
    一般的なウェブページのサイトマップ」を選択し、作成したサイトマップファイルを指定します。
    サイトマップの登録3


  5. 登録が完了すると、サイトマップの管理画面が表示されます。
    次回からはこの管理画面で登録したサイトマップファイルのステータス確認や サイトマップファイルの更新、削除などが行えます。
    サイトマップの登録4


サイトのページ増えたり減ったり、または、URL が変更になった時には必ずサイトマップを更新し、 サイトマップを再送信するようにしましょう。



TOP へ

マニュアル検索

カテゴリ


home

|

about WevNuts

|

デザイナーページ

|

過去の作品

利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引に基づく表示

|

サイトマップ

|

お問合せ


バンクーバーへ行くなら GoToVan

バンクーバーの総合情報サイト