小規模な個人向けサイト ~ 大規模な企業向けサイトまで - Web サイト用テンプレートの激安販売 : メンテナンス : SEO対策

home > レンタルサーバー > レンタルサーバーについて
レンタルサーバーについて

ホームページと www サーバー

ホームページは作成しただけでは意味がありません。完成したホームページを世界中の人に見てもらうためには、ホームページファイルをインターネットに接続された www サーバー (web サーバー、または http サーバーなどとも呼ばれる) に置く必要があります。


www サーバー は、クライアントコンピュータの Web ブラウザなどのソフトウェアの要求に応じて、インターネットなどのネットワークを通じ、これらの情報を送信する役割を果たします。


ホームページと www サーバー

レンタルサーバーの種類

とりあえず手軽にホームページを開設したいという事であれば、「プロバイダ」が提供する「無料ホームページスペース」を利用する事も可能ですが、容量も少なく、CGI などのプログラムが利用できない、また、オリジナルドメイン名を使うことができないなど様々な制限が設けられている事が多いため、 本格的にホームページ運用する場合には、レンタルサーバーを使用するのが一般的です。

また、レンタルサーバーの種類には、大きく分けて下記の 3つがあります。



レンタルサーバーの種類

種類特徴価格
専用レンタルサーバー1台のサーバーを丸ごとレンタルするサービスで、建物で例えるなら一戸建てのようなもの。自由にアプリケーションをインストールしたり、ハードウェアやアプリケーションを好きなように利用でき、また、他のサイトの影響を受けたりする事はない。
仮想(バーチャル)専用
レンタルサーバー
VPS(Virtual Private Server) とも呼ばれ、共用レンタルサーバーと同様、1台のサーバーを複数のユーザーで共用するが、専用のソフトウェアを使って、独立した OS をユーザーごとに割り当てるため、専用レンタルサーバと同等の機能を提供する事ができる。
共用レンタルサーバー1つのサーバーを複数のユーザーで共用するサービスで、建物で例えるなら複数の住人が住むアパート、マンションのようなもの。CPU、メモリ、ハードディスクなどのハードウェアや、アプリケーション、またはその設定なども複数のユーザーで共有するため多少の制約があったり、他のサイトの影響を受ける可能性がある。

自社・自宅サーバー

自社・自宅でサーバーを運用する場合、最も大きな問題は「サーバーの運用・管理」と「セキュリティ対策」です。 多少の技術があれば比較的安価で、サーバー構築・運用は実現できますが、安定した品質を保つには多大なコストと、専門的知識が必須となります。
一方、レンタルサーバーの場合は、ある程度制限があったりするものの、データセンターと呼ばれる、防災・空調設備・電気設備などの優れた場所に設置され、 また、電源・ハードディスク・ネットワーク機器など、重要な箇所を 2重化したりなど、障害時の対策をしっかりしているところも多いため、 安心して Web コンテンツを公開することができます。

特に企業の場合、サーバーが停止し、「ホームページが見れない」なんて事になれば、停止した分だけ、信頼性を失い、ビジネスチャンスを逃してしまいます。

上記などの理由から、最近では、企業、個人に関わらず、レンタルサーバーを使用するサイトがとても多くなってきています。





TOP へ


home

|

about WevNuts

|

デザイナーページ

|

過去の作品

利用規約

|

プライバシーポリシー

|

特定商取引に基づく表示

|

サイトマップ

|

お問合せ


バンクーバーへ行くなら GoToVan

バンクーバーの総合情報サイト